12年間双極性障害(躁うつ病)を患っています

双極性障害(躁うつ病)と私

私は双極性障害(躁うつ病)を患って12年になります。そして現在も短時間のパートをしながら療養中の状態です。
このブログがうつ病など同じ精神疾患に悩む人のお役に立てば幸いです。

 

 

双極性障害とは

うつ状態だけが起こる病気を「うつ病」といいます。このうつ病とほとんど同じうつ状態に加え、うつ状態とは対極の躁状態も現れるというのを繰り返す病気です。

 

昔は「躁うつ病」と呼ばれていましたが、現在では両極端な病状が起こるという意味の「双極性障害」と呼ばれます。

双極性障害は、躁状態の程度によって二つに分類される

家庭や仕事に重大な支障をきたしかねないような状態を「躁状態」といい、多くの場合入院が必要になります。。

 

また、明らかに気分が高揚していて、眠らなくても平気、調子が良い、仕事もはかどる、しかし本人も周囲の人もそれほどは困らない程度の状態を「軽躁状態」といいます。

 

うつ状態に加え、激しい躁状態が起こる双極性障害を「双極I型障害」といいます。うつ状態に加え、軽躁状態が起こる双極性障害を「双極II型障害」といいます。 双極性障害は、精神疾患の中でも治療法や対処法が比較的整っている病気で、薬でコントロールすれば、それまでと変わらない生活をおくることが十分に可能です。しかし放置していると、何度も躁状態とうつ状態を繰り返し、その間に人間関係、社会的信用、仕事や家庭といった人生の基盤が大きく損なわれてしまうのが、この病気の特徴のひとつでもあります。

 

このように双極性障害は、うつ状態では死にたくなるなど、症状によって生命の危機をもたらす一方、躁状態ではその行動の結果によって社会的生命を脅かす、重大な疾患であると認識されています。

 

参考:双極性障害とは|厚生労働省

発症した時のこと

悩む男性
今から12年前、コンピュータ会社に勤務していた私は6か月の予定で地元に妻と子供を残して単身赴任をしていました。

 

仕事そのものはそれほど難しいものではなく、残業等も少なくてそれほどストレスを感じることはありませんでした。また久しぶりに一人暮らしを楽しめると思うと、むしろのびのびとできて楽しいぐらいに感じていました。

 

そんなある日の夜、いつものように仕事から帰ってコンビニで買ったお弁当とビールを飲んで、早めに就寝したその直後です。いきなり心臓が破裂するかのようなとても激しい動悸を感じました。そして得体の知れない強烈な不安感に襲われてまるでパニックになり、いてもたってもいられなくなって無意識のうちに窓を開けて飛び降り自殺をしようとしました。
しかしそこでハッと我に帰り、動きが止まりました。というのも見下ろすと地面がとても大きく見えたからです。
住んでいたのは会社が用意してくれたマンションの2階でした。これではたとえ飛び降りたとしても下手にケガをするだけで死ねないだろうと思い、そこでやっと冷静さを取り戻しました。

 

しかし強い不安感は拭えず、その日の夜は一睡もできないまま翌朝会社に行きました。そしてなんとか仕事を終えて疲れ切った私は帰宅後食欲もなくそのまま布団に入りました。しかしその日も不安感から目が冴えて眠れず、結局また一睡もできないまま朝を迎えました。

 

2日連続で一睡もできない状態で、出勤はしましたがとても仕事どころではありません。そこで上司に体調不良で病院に行きたいと告げて早退し、近くにある精神科を訪ねました。精神科というとなんだか後ろめたいようなイメージがあって初めは抵抗感がありましたが、もうそのようなことを考える余裕などなくまさに駆け込むように行きました。
精神科ではまず診察の前に100問以上からなる問診票にチェックするように指示されました。しかし不安感で落ち着きがない私にとってはそんなにたくさんの項目を冷静に考えて答える余裕などありません。もう適当にチェックした後、次には看護師さんとの面接による問診がありました。

 

とても苦痛で精神的に余裕がなく、早く薬が欲しい、体を楽にしてほしいということだけを考えていて、全然頭に入ってなく適当に返事をしていました。そしてやっと医師による診察があり、結果告げられた病名は「やや重度のうつ病」でした。

 

次ページ:うつ病期のこと

 

外部サイト